商品のご案内

サカエヤの肉には「手当て」という一手間がはいります。 枝肉を吊るし、熟成させ、個体により保存方法を変えながら、料理人に合わせた肉を作り上げていきます。そのために、生産者との繋がりを強くもち、牛を理解し、飼料や育て方などをきちんと把握した上で、最適な肉をお客様にご提案させていただきます。

完全放牧野生牛
(ジビーフ)

北海道様似郡にある駒谷牧場で西川奈緒子さんがたった一人で育てているアンガス牛です。200ヘクタールの山林で、通年放牧で育だ牛たちは、自然交配で子を産み母乳で育て、親子で連れ添いながら小川の水を飲む姿はまさしく野生の牛です。この完全放牧野生牛を、ジビエのようなビーフという意味で「ジビーフ」と名づけました。究極の野生赤身肉のジビーフは日本で数少ないオーガニック認定を受けた牛肉です。

吉田牧場の
放牧ブラウンスイス牛

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田牧場の全作さんと原野さん。
放牧した牛たちのミルクを使った代表作のモッツァレラやカチョカバロは、その素晴らしい味わいから全国の名だたる料理人を魅了しています。
吉田さんはチーズ職人であり、牛飼いです。どちらが欠けても吉田牧場は成立しません。種が付かなくなった牛や搾乳の役目を終えた牛たちを新保が預かり手当てしています。吉田牧場の牛たちは放牧で一日を過ごすため、上り坂や下り坂をよく歩きます。筋肉質な牛たちは赤身が強く水分が多いため、20〜30日かけて水分調整しながら熟成させます。サシのある柔らかい肉とは真逆の肉ですが、ヨーロッパの肉に見劣りしない赤身肉のおいしさを実感していただけます。

阿蘇のあか牛

熊本にある東海大学農学部が阿蘇の草原を有効利用して育てた純粋な阿蘇産あか牛です。授業の一環として育てられているため出荷数は限られていますが、大自然で育ったナチュラルな牛たちは感動のおいしさです。

十勝若牛

北海道十勝育ちの若牛は、一般的なホルスタインとは異なり通常より若い月齢で肉にします。乳用牛であるホルスタインは生育が早く20ヶ月齢くらいで出荷できますが、十勝若牛はさら早く14ヶ月齢で肉にします。味わいは非常にあっさりしていますが、熟成させることにより旨みをのせて飽きのこない味わいに仕上げています。

近江牛

滋賀県で肥育された400年の歴史をもつブランド和牛です。年間7,000頭出荷される近江牛の中から、枝肉を目利きして週2回のセリで買い付けております。牛肉の味は品種や血統、飼料、月齢や育て方で決まると言われておりますが、私が最も重要視しているのは保存です。重要なのはいかに酸化させずに個体が持つポテンシャルを最大限まで引き出し、料理人の好みに合わせて仕上げていくかであり、それが私たちの仕事だと思っております。枝肉の状態で保存し、さらに部位ごとに捌いてから温度帯の異なる4つの冷蔵庫で保存しています。個体や部位ごとの個性や水分量をみながら調整し、10日から30日、長ければ60日程度寝かせて仕上げていきます。このように手をかけて個性をいかしつつ、料理人の好みにあわみにあわせて仕上げた肉は、国内に流通している和牛や国外で流通しているWagyuのなかでも唯一無二だと自負しております。

熟成肉

日本では熟成肉の定義がありません。程よく水分が抜けナッツ香漂う熟成肉を作るには、知識、技術、経験、環境などの条件が整っていないと、熟成ではなく腐敗してしまいます。数年かけ種菌を育て、専用の熟成庫を設けております。熟成期間はおよそ40日から60日ですが、個体や要望にあわせて調整をしております。

愛農
ナチュラルポーク

三重県伊賀市にある愛農学園農業高校は有機農業を実践する全寮制農業学校です。養豚部では年間150頭ほどの豚を学生が管理しております。ストレスフリーの環境で学生たちの愛情をうけて育った豚肉は、甘くてサラリとした脂の上品さが特徴。その味わいに惚れ込み、新保が名付け親となり「愛農ナチュラルポーク」は誕生しました。

ONLINE SHOP
CONTACT
TEL